総合空手 千曜館(せんようかん)は空手を通じて社会貢献を考える非営利団体(ボランティア団体)です。【東京,足立,竹ノ塚,六町,東保木間】

会員規約

  • HOME »
  • 会員規約

<会則>

 

1.名称

本会は空手の稽古による自身の心身の向上を目的とし、空手を通じて各々の人生が輝くものになるようにとの願いを込めて 名称を千曜館とする。

2.趣旨

本会は「有志による空手の合同稽古の場」であり、その活動は営利を目的としない。会員の相互協力に支えられた自主運営の「明るく楽しい空手道場」として会員が気軽に楽しみながら、それぞれの目標を持って空手を学べる場として活動を行うものである。

3.会員

本会の趣旨に賛同し、会則・規約等を遵守する者であれば入会資格は問わない。体験入会をした後、誓約書に同意し正式に必要な手続きを終えた者を本会会員とする。 なお、他の会員に不快な思いをさせるなど、本会の運営に不適切な会員については役員協議の上、退会させることもある。 又、会員同士の金銭の貸し借りは禁止とする。

4.役員

本会創設の発起人である宮本千弘を代表とする。

5.会費

会費は原則として無料とする。(但し、今後人数が増え無料での運営が困難になった場合、若干最低限の会費を徴集する可能性があります。)

6.休会・退会

休会もしくは退会する会員は代表に申し出ること。

7.練習

スパーリングへの参加は10級以上の有級者から参加を認める。ただし、入会者は練習を8回参加した時点で自動的に10級に昇級するものとする。

 

<一般事項>

 

●挨拶

道場内では、腕で十字を切って大きい声で「オス」と挨拶して下さい。道場を出入りする時は必ず挨拶をして下さい。

 

●返事

道場内で指導者から確認を求められましたら大きな声で「オス」と返事をして下さい。 気合 練習中には気合をいれながら各動作を行います。「セヤ」と大きい声で気合をいれて下さい。

 

●練習

基本的には、ストレッチ→準備運動→基本動作→シャドー→型→剛法組手練習→柔法組手練習→ミット打ちの順番で練習を進めます。 徐々に体を馴らしながら練習を進めて行きますので安全のため極力最初から練習に参加してください。 なお、体力には個人差がありますので練習に付いて行けない方はすぐに指導者に申し出て休んで下さい。 また、水分の補給は各自適切に行って下さい。

 

●遅刻

練習の途中から加わる時は、各自ストレッチ及び準備運動を十分に行った後、列に加わる前に正座をし、大きな声で「宜しくお願いします」と一礼をした後、練習に加わって下さい。

 

●呼び方

指導者は先生と呼んで下さい。練習生同士は「さん」づけで呼び合い、お互いに尊敬の念をもって丁寧に接して下さい。

 

●他道場者

他の道場から入門された方はとりあえず白帯を着用して練習を始めて下さい。実力が確認され指導者の許可を得ましたら元の道場での帯を着用されて結構です。

 

●空手着

練習には一般の運動着で参加されて結構です。サイズにより価格は違いますがインターネット等で5,000円~6,000円程で購入できます。(参考:ボディメーカー)

サポーター 脚及び手、ファールカップなどのサポーターは安全のため入門時に購入して下さい。各自で購入されて結構です。 安全のためもありますが短期間で上達するためには痛みを感じない方がスパーリング等をこなし易いので肘、膝、胴体等もサポーターを着用することをお薦めします。

 

●スパーリング

練習ではスパーリングを行いますが、スパーリングは7割程度の力で技を出し合い、自由な動きの中から技を繰り出す練習です。お互いを痛め合う様な組手では自由に技を出す事ができず、特に初心者の上達を遅らせます。決して感情的にならず楽しみながらできるだけ長い時間スパーリングをこなしてください。

 

●試合

試合は当流派においては現在のところ行う予定はございません。オープントーナメント等の試合に各自が自分の責任において出場することはかまいませんが、他者に自慢する為等ではなく、あくまで自分の心身の向上の為に行ってください。

会員限定掲示板

代表ご紹介

chihiro

宮本千弘(ミヤモトチヒロ)。1970.10.01生。10才より空手を習い初め、寛水流、沖縄松林流を経て、2000年 剛柔流に入門、尚誠館館長 寺島先生に師事。現三段。2008年7月6日 空手による社会貢献を模索し、新宿にて日練流空手道設立。2016年1月より足立へ本拠を移し、原点回帰を目指して「総合空手千曜館」に改名。空手の他、剣道、その他。
PAGETOP
Copyright © 総合空手千曜館 All Rights Reserved.