総合空手 千曜館(せんようかん)は空手を通じて社会貢献を考える非営利団体(ボランティア団体)です。【東京,足立,竹ノ塚,六町,東保木間】

ご挨拶

当流派は、沖縄古参の流派の一つ、剛柔流を基本としております。
空手はルーツである沖縄において大きく分けて首里手(遠距離戦)と那覇手(接近戦)の2つ分かれますが、剛柔流はその那覇手と呼ばれる部類に属します。
接近戦を仮想としているため、打撃、投げ、関節技と技が多彩ですが、当流派はその剛柔流空手をベースにしながら、寝技やグローブをつけた練習など、自由度の高い総合格闘術としての練習を取り入れております。

このボランティア形式での空手は、私自身 長年育てていただいた、日本社会に対して また 空手界に対して自分が何かご恩返しできることはないかと思い悩み、2008年7月6日より実験的に立ち上げました。

私は空手が大好きであります。
そして 流派を問わず 空手界でご尽力されていらっしゃる皆様すべてを尊敬し 敬愛しております。
空手を通じて社会の皆様が少しでも元気になられ、また、空手界の裾野が少しでも拡がることができれば、ご恩返しにつながると信じて活動しております。

また、私自身 まだまだ道の途中、修行中の身でもあり、あくまでボランティアで行っておりますので 練習内容も軽く
和気あいあいといった練習内容となっております。
本格的に空手を学びたい!とご希望の方には私の空手の師であり 心から尊敬してやまない、剛柔流尚誠館 館長 寺島先生のもとで空手を修練されることをお勧めいたしております。

ホームページ 剛柔流尚誠館

空手で上達するには日々のたゆまぬ鍛練しかありません。
大きな目標をもって、日本が世界に誇るすばらしい伝統文化の一つ「空手」を共に学び、共に汗を流しましょう。

押忍

総合空手 千曜館
館長 宮本千弘

会員限定掲示板

代表ご紹介

chihiro

宮本千弘(ミヤモトチヒロ)。1970.10.01生。10才より空手を習い初め、寛水流、沖縄松林流を経て、2000年 剛柔流に入門、尚誠館館長 寺島先生に師事。現三段。2008年7月6日 空手による社会貢献を模索し、新宿にて日練流空手道設立。2016年1月より足立へ本拠を移し、原点回帰を目指して「総合空手千曜館」に改名。空手の他、剣道、その他。
PAGETOP
Copyright © 総合空手千曜館 All Rights Reserved.